メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動の選択の責任

世の中には、誰か一人を槍玉にあげて苛めたり攻撃したりする人間がいますが、そうした人間がのさばる背景には、それに「追従」する人間が必ず存在するのです。

そのような「追従者」は、自分が目をつけられたくない(いじめられたくない)がゆえに、「権力」を持つ支配的な人間に擦り寄り追従するのですが、いざというときには「命令されたから従った」と、自分はあくまでも「悪」加担する気はなかったかのような振る舞いをするものです。

しかし、「悪(陰湿ないじめや支配)」「言いなりになる」という「選択」をしている時点で、「悪に加担した」という責任十分あるのです。

「私は個人的には別にあの人に対して悪い感情はないんだけど・・・・」
「私は本当はこういうの好きじゃないんだけど・・・」
と言いながら、誰か一人を槍玉にあげて苛めようとする人間に「追従」する人間は、「自分は善良(潔白)だ」という顔をしていても、決して善良ではありません

善良な人間は、邪悪支配陰険苛めに対して、「恥を知れ!」と、をあげることが出来る人間のことを言うのです。

善良「ふり」をした「邪悪」を、賢く見抜く目を持ちたいですね。^^

宇宙21

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」のように、家族や近親者など身近な人間から受けた理不尽な支配やいじめによる精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の生まれ持った資質(「目に見えない領域」に対する感度が高い)、及び経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学(哲学、倫理学)を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった、自閉スペクトラム特性を持つ息子を子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。