メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

息子のどや顔☆

夏に産まれた我が子も、生後半年を超え、少しずつ自力出来ることが増えてきたようです。

ここ1ヶ月ほど、「寝返り」が楽しいらしく、床の上でくるっ、くるっと体をねじっているのですが、ごろん、と転がるたびに、私のほうを向いて、「ママ、今の見た?!」とでも言いたげな、「どや顔」(得意気な表情)をするのですね(笑)。

こんなに小さい赤ちゃんでも、認められる喜び、相手(ママやパパ)を喜ばせることが出来るという喜びを、知っているのだなぁ、としみじみ思います。

そして、そんな彼の、おにぎりのような(笑)無邪気な笑顔を見ることが出来ただけで、出産や子育ての大変さなどどうということはない、と思えるほどの幸せを、既に受け取ったと心から思うのです。

以前から思っていたことですが、子供は、親のニーズ満たす存在だから宝なのではありません。

ただ存在しているだけで、喜びを与えてくれる存在だからこそ、なのですね。

「苦労して育てたのに自分の言うことを聞かない」
「苦労して育てたのに何も返してくれない」
など、物質的見返りを子供に求めて不平不満をもらす親もいますが、そもそも、そのような「物質」的見返りを得ないと幸せを感じることが出来ない親のほうに、問題があるのです。

子供の笑顔だけで、極上幸せをかみしめることができる大人でありたいですね
(^_^)

花21

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」のように、家族や近親者など身近な人間から受けた理不尽な支配やいじめによる精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の生まれ持った資質(「目に見えない領域」に対する感度が高い)、及び経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった、自閉スペクトラム特性を持つ息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: