メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

幸せ体質の人と不幸せ体質の人☆

私たちの人生を作るのは、私たち自身です。

生まれる家庭環境など、この物質世界に生まれるにあたって最初に決める、大雑把青写真はありますが、物質世界での「未来」を作るのは、あくまでも私たち自身自由采配に委ねられているのですね。

(少し話がずれますが、更に詳しく言及すると、精神世界(宇宙)において、「未来」という時間枠大雑把青写真もまた、存在はしているようです。
しかし、それらにはあくまでも、いくつかの「選択肢」がある状態で、うっすらベールがかった状態で存在しているのみなのですね。
宇宙において、物質世界に下りてくる魂が「未来」知ることは、基本的には良しとはされていないのです。
なぜなら、一つ一つの選択によって「未来」を作っていくのもまた、成長にかかせないことであり、最初から「未来」が分かっていては何の学びにもならないからです。
この点を鑑みると、未来をあたかも「既に決まっていること」のように予測する「預言」というものは、(本当にそれが「警告」として必要とされる場合を除いては)あまり意味ないものなのではないかと思います。)

この世界には、幸せを作り出す能力に長けている「幸せ体質」の人と、何かと不幸せな状況や経験を呼び込む、「不幸せ体質」の人がいるのですね。

両者の違いは、「ある出来事」遭遇したとき、それをどう「解釈(認識)」するかという違いなのですね。

例えば、すぐに自分の望みどおりいかないことがあったとき、幸せ体質の人は、
「いつかは絶対に乗り越えられる
「私はちゃんとやり遂げられる
「時にはこんな経験も、自分自身をパワーアップさせる原動力になるものだ」
というように、あくまでも楽観視するのですね。

一方で、不幸せ体質の人は、同じ出来事であっても、
「何で私ばかりこんな目に合うのか」
「幸せな人がうらやましい
「私は決して幸せになんかなれない
と、ますます悲嘆にくれ、自分の痛めつける考え方に陥っていくのです。

私たちは誰でも、自分自身の発する波長見合った経験や出来事を、人生に呼び込んでいきます。

結果的に、幸せ体質の人は、どのような経験を経たとしても、最終的には自分の発する「私は幸せ」という波長に見合った人生を手に入れ、不幸せ体質の人は、最終的にますます「私は不幸せ」という波長に見合った人生を送ることになるのですね。

どのような出来事に対しても、自分自身の「幸せ」を信じ続ける(感じ続ける)思考パターン身に着けることが大切なのは、このような理由があってのことなのです。

自らの「幸せ体質」強化しつつ、明るく健やかな人生を生きていきたいですね
(^_^)

花4

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」のように、家族や近親者など身近な人間から受けた理不尽な支配やいじめによる精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の生まれ持った資質(「目に見えない領域」に対する感度が高い)、及び経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった、自閉スペクトラム特性を持つ息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: