メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

依存心の塊のような人間への対応について☆

依存心非常強い人間は、何かと(自分ではなく)「他者」のことをコントロールして、自分満たそうとします。

しかし、どんなに他者コントロールするべくもがこうとも、結局のところ、自分救えるのは自分だけなのです。

依存心の強い人間(ときには、「境界性型人格障害」など、病名がつけられる場合もありますね)は、
「私がこうなったのはあなたのせい」
「私が不幸なのはあなたのせい」
「あなたは私のことなんかどうでもいいのね。そういう冷たい人なのね。」


と、相手に「罪悪感」を植え付けるような絶え間ない刷り込み(洗脳)をすることによって、相手を自分の望む方向動かそうとします。

そして、「あなたには私の幸せに対する責任があるのだから、やってもらって当たり前」という態度で、どんなに相手から尽くされても感謝をすることがありません。

それどころか、優しくされればされるほど、ますます図に乗って要求高くあげていく、という行動パターンになるのですね。

このような、依存心強い人間は、生きているうちに、「自分の幸せの責任は、自分にある」ということを学ぶ必要があるのです。

ですから、依存心の強い人間に対して、理不尽要求のままに応え続けるのは、決して相手のためにならないのですね。

依存心の強い人間(境界性型人格障害の人間を含め)は、「自分の要求に際限なく応えてくれる」人間をするどく嗅ぎわけます。

皮肉なことに、他者幸せにしてあげたいという、優しさ思いやりを持った方ほど、このように依存心の強い人間に利用されやすくなってしまうのです。

他者思いやり、他者の幸せ望むということは素晴らしいことですが、相手が「依存心のかたまり」のような人間の場合、相手の望み(要求)叶え続けることは、の意味で相手のためになることではありません

依存心強い人間に限っては、突き放すこと(自分の始末は自分でつけさせること)が、相手のためになることなのです。

そのためにも、依存心の強い人間から、どんなに「私にこんな仕打ちをするなんてあなたは冷たい人だ。」というような言葉を吐かれても、一切動じることのない「強さ」必要となるのですね。

依存心の強い人間に対しては、
「そうやって私を言いくるめて何でも自分の都合よくコントロールしようとして、私の幸せなんか考えてもいない。あなたのほうこそ、真に心の冷たい人間だ。」
と、言い返すくらいで丁度良いのです。^^;

それほどまでに強い気概を持って臨まないと、依存心のような人間には太刀打ちできないことは多々あるのですね。

最終的には、自分幸せにするのも、自分救うことが出来るのも、自分だけなのです。

依存心強い人間に対して、きっぱり要求はねつけることが出来る「強さ」もまた、(真に相手のためになる)優しさのうちなのですね

依存心のような人間に振り回されることなく、自分幸せしっかり守っていきたいですね
(^_^)

冬11

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」など、「人間関係における根深い依存」を解き、家族など身近な人間から受けた支配による精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の生まれ持った資質(「目に見えない領域」に対する感度が高い)、及び経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: