メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

「儒教」について

中国韓国などはもちろん言わずもがなですが、日本においても、「儒教」というものの刷り込みによる影響はとても大きいと思います。

「目上の人には礼儀正しくすべき」
「親を大切にすべき」
「年寄りを敬うべき」

一見、「良いこと」をうたっているように錯覚させる響きがありますが、実は「儒教」というのは、「体制維持」のためのものなのですね。

つまり、それは「支配」のためのものなのです。

「目上を敬え」「親の面倒を見ろ」「年寄りを敬え」
こうしたことを人間刷り込んで、をするのは誰でしょうか?

「為政者(支配者)」なのですね。

こうしたことを人民刷り込んでおけば、目上年寄りというだけで「権力」を持つことができます。
どのような親であっても親の面倒を見ることを子供の責任として押しつけておけば、(為政者として)社会福祉手間労力が省けます。
依存心の強い親世代不満政治へと向くことなく、子供へと向けられるように仕向けておけるのです。

(私は儒教というものを専門的に研究したことはありませんので、もしかしたらである孔子氏が説きたかったのはこのようなことではなかった可能性はあります。しかし、少なくとも現在において「儒教」的な考え方として一般的に知られているようなものは、体制維持のための「べき論」に成り下がっていますね。)

しかし、このような「支配」のための「儒教」とは、実は「宇宙の法則(真理)」には著しく反するものなのです。

宇宙において、すべては人間の「自由意志」によるものであり、人間の「心」こそが最も信頼にたる判断基準であるべきなのです。

しかしながら、「儒教」には、人間の「心(気持ち、感情)」というものが登場しません

宇宙において、正しくは、「それが目上であっても、親であっても、年寄りであっても、私たちは「自らの心」が感じるままに、気持ちを表現し、行動を選択する「自由」がある。」
ということなのです。

目上だろうが、後輩だろうが、自分の「心」に従って、相手を尊重すれば良いのです。
親であっても年寄りであっても、「心」から大切にしたい気持ちがあったら、それに準じた行動を「自由」選択すれば良いのです。
(子供を(肉体的であれ、精神的であれ)虐待した親を「親なんだから面倒見なさい」とは、決して「天(宇宙)」言いません。)

天使たちはよく、地球という惑星の物質世界の状況について、「宗教的刷り込みや罪の意識の植え付けによる洗脳支配」のひどさを指摘します。

私たちは、21世紀という時代に生きています。

これから地球人類は、ますます「自由」に目覚める方向へと、宇宙(天)計らいによって修正を促されつつあるのです。

私たちはもうそろそろ、「儒教」呪縛手放すべきときなのですね。

歴史という営みの中で、日々新しい知識が増え、技術が進化するように、私たち人間の精神性もまた、進化して然るべきなのです。

不必要になった古い「縛り」はさっさと手放し、私たちを健やかな状態へと導く新しい叡智取り入れていきたいですね
(^_^)

フリー 惑星3

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」など、「人間関係における根深い依存」を解き、家族など身近な人間から受けた支配による精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の生まれ持った資質(「目に見えない領域」に対する感度が高い)、及び経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: