メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

悪口や陰口といったもの

私たちが身を置いているこの物質世界は、様々波長の方が身を置く場所であり、絶対唯一価値観をすべての方が共有している世界ではないのですね。

つまり、「すべての人に受け入れられる」というのは、ほぼ不可能なのです。

物質世界に身を置いている以上、ときには自分に対する悪口陰口といったものをたたいている存在に気付いてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、「許せない!」「やり返してやる!」といった、ネガティブな気持ちを持つのは、非常にであり、時間エネルギー無駄なのですね。

そのような考え方を選択している時点で、既に相手に巻き込まれて自分の波長を落としてしまっているということで、結果的に相手の思うつぼとなってしまっているのです。

この世界には絶えず、波長という引力が働いていますから、他者からの悪影響で自分の波長を落としてしまい、引き寄せたくもないネガティブな経験を引き寄せる結果となってしまうなんて、本当に勿体無いですね。

では、このような悪口、陰口といったものに対して、どう考えたらよいのでしょう。

「そんなに私のことに興味を持ってくださっているんですね。」
「私の悪口を言わないと気がすまないほど、私に対して劣等感を抱いているのでしょうか。(逆に言えばそれほどまでに私の価値を認めてくださっているのですね。)」
「私はあなたに対して何の興味も持っておりませんので、あなたが(私のことを含めて)何をどう考えようと、私にはどうでもよいことです。」
「私の価値は他者の悪意ある偏見などによって損なわれるようなものではありません。」


断固としてこのような考え方を貫き、「気にも留めない」ことなのですね。

人が誰かについて発する悪口や陰口といったものは、大抵は「劣等感」や「欠乏感」から生まれます。

つまり、悪口陰口をたたく方や、人のことを否定的悪意ある目線で裁こうとする方というのは、誰よりも、本人自身一番不幸な状態にあるのです。

幸せな人生を生きたいと望むなら、あらを探すよりも、自分人生精一杯生きることにエネルギーを費やすべきなのですね。

そのほうが、断然、建設的幸せな人生を創造していくことができるのです。

このように人を貶めようとする方というのは、自分の価値すらも感じることが出来ない状態でもがいているが故に、手っ取り早く人を攻撃することで自分の優位性を保とうとしたり、勝利感を味わおうとしたりしているだけなのですね。

悪意ある方が放出するネガティブなエネルギーに巻き込まれることなく、自分自身大切にしていきたいですね
(^_^)

フリー ライト2

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」など、「人間関係における根深い依存」を解き、家族など身近な人間から受けた支配による精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: