メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

エゴの特徴

私たち物質世界に生きる人間は、多かれ少なかれ皆「エゴ」というものを持っているものですが、それが極めて強い人と、そうでない人がいます。

エゴ(恐れ)をあまり持たない人というのは、「愛」エネルギーが強い人でもあるのです。

私たちは皆、宇宙において「愛」のエネルギーを拡大成長させていくという目的のもと長い長いをしているのですから、少しずつエゴを手放し「無償の愛」を身に着けていくことはとても大切なのですね。

エゴ強い人の特徴として、「支配」「服従」しか理解していない、といことがあります。

無償の愛でもって、相手の自由尊重する、ということが分からないのですね。

エゴの強い人間は、まず、自分より権力の強い目上の(と見なした)存在に対しては、滅私奉公絶対服従の態度で接します。
(まるで上司には常に擦り寄り部下には威張り散らす中間管理職の方みたいですね・・・笑)

それは優しさなどではなく、「何かあったら(助けてくれないと)困るから」という、臆病卑屈な理由からそうするだけのことなのです。

そして、目下の(と見なした)存在に対しては、常に「脅し」「泣き落とし」のような、これまた卑屈なありとあらゆる手を使って、相手を自分の思い通りコントロール(支配)しようとするのです。

特に、「脅し」は、エゴの大好き常套手段です。

エゴ支配されている人間は、目下と見なした人間が自分に滅私奉公絶対服従しないと、「優しさがない」「組織(または国、地域など)に対する愛がない」などといって責め立てます。

ちょっとでも自分の意見を言おうものなら、それはもう大変騒ぎです。(笑)

エゴの強い人間にとって、価値観はほぼ一つなのです。

それは、自分にとって「利用価値があるか、ないか」です。

「この方の意見は自分とは違うけれど、違う角度から見ればそれもまた一理あるのだな」
「この方の性格や考え方は自分とは違うけれど、でも良い資質を沢山持っている素敵な人だな」

というような、「様々な在り方」認めることが出来ないのです。

ですから、エゴの強い人間というのは、自分にとって利用価値がないと見なした人間に対して、ときとしてものすごい攻撃をします。

エゴにとって、「自分が利用できない」存在こそが「悪」なのです。

エゴ支配された世界というのは、ちょうど、陰険村社会における「村八分」同じ論理なのですね。

相手のことを無償の気持ちで「愛」しているからつるむのではないのです。

「何かあったときに困るから」「言うことを聞いておけば情報が手に入るから」「言うことを聞いておけば何かと得だから」
といった、臆病卑屈「恐れ」のもと、つるんでいるだけなのです。

このようなことが「エゴ」支配された人間の特徴ですが、宇宙において、この「恐れ」による「支配」ネガティブな力をとことん極めてしまった惑星文明もあるようです。

私自身(というよりは、私とつながっている高次元の)感覚で、すぐに思いつくのが、巷で「グレイ」として知られている、地球外生命体の存在です。
(よく「宇宙人」の死体としてその姿の写真が知られている、頭と目が大きく口が小さく体が細い生命体ですね)

その姿からも、一見して「愛」を感じないクローン的なものを感じますが、実際、彼らの文明では「個人」「意思」といったものを抹殺し、「全体主義」を極めた結果、著しく精神性後退してしまったようです。

あるチャネラーの方のお話によると、彼らの文明において、「自分の意思を持ち、主張した」ことに対する刑罰は、まさに「村八分」なのだそうで、同じような思考回路がこの地球という惑星の人間社会にも存在していると思うと、少々ぞっとします。

要するに、それほど、個性や各々の選択の自由放棄・抹殺「全体主義」陥ることは、宇宙原理逆行し、「愛」「幸せ」から遠ざかるネガティブな方向へと堕ちていく行為であり、その行く末はかなり殺伐とした「衰退」が待っている、ということなのですね。

エゴというのは、実に巧妙に人間を「支配」へと誘導しようとします。

そのため、エゴ支配されている強力ネガティブ・エネルギーを持つ人間に、言葉巧み丸め込まれてしまいそうになることはよくあることです。

しかし、私たちは決して、精神性後退させるような選ぶべきではないのです。

精神性発達させ、エゴ手放すには、人に対しても、そして自分に対しても、「多様性」「個性」「自由」認め「信頼」「恐れ」持つことなく生きることなのです。

エゴは、そのような「健やかに生きる」練習重ねることで、徐々手放していくことが出来るものです。

エゴ手放すということは、「無償の愛」エネルギー強くしていくことでもあり、自由ポジティブ明るい道進んでいくことを選択するということなのです。

恐れによる支配関係などに陥ることなく、自分を尊重大切にして生きていきたいですね
(^_^)

フリー 宇宙3

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」など、「人間関係における根深い依存」を解き、家族など身近な人間から受けた支配による精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: