メンタルセラピストりりあの心のブログ

☆高次意識と共に…☆ メンタルセラピストの心の小部屋へようこそ

Entries

人をコントロールしたがる人

自分以外の人間をも含めて、何でも思い通りにコントロールしたがる人がいますが、そうした行動は決して褒められたものではありません。

なぜならそれは、宇宙という高い目線から見ると、他の人の自由を奪う行為だからなのです。

例えば、
「自分が人生において出来なかったことを娘や息子に託したい」

というようなことを言う方がときどきいます。

もしそれが、娘さんや息子さん本人もが「自分の意志」望んでいることなのでしたら、(あくまでも彼らが自発的にそれをするのを前提として)多いに彼らのことをサポートしてあげれば良いと思います。

しかし、娘さんや息子さん自身がそれを望んでもいないのに押し付けて、
「私が叶えられなかった夢をあなたが叶えて。」
というのは、「あなたが私の夢を叶えて、私を満足させて。」要求しているのと同じことであり、どこまでも自分本位依存でしかないのですね。

このように、たとえ家族であっても、自分以外の人間コントロールすることで欲求を満たそうとすることは、宇宙のルールから大きく外れる行為なのです。

この宇宙において、たとえ物質世界において家族という関係になろうが、友人という関係になろうが、師匠と弟子という関係になろうが、一人ひとりの個人自由であること、それが基本なのですね。

このように自分以外の人間をコントロールして欲求満たそうとする方は、実は大きな欠乏感を持っていることが殆どです。

心の中に、「私の人生、思い通りにならない」という欲求不満があるため、人を自分の思い通りに動かすことで、それを満たそうとするのですね。

しかしながら、私たちは自分で自分を幸せにしない限り、本当の幸せを手にいれることは出来ないのです。

再三書いていることではありますが、そのためには、「考え方」を修正し、波長を上げていくことなのです。

ちなみに、こうした「人のことをコントロールしたがる」人間が引き寄せるのは、その対極にある人間、つまり、自己評価が低く、(しかしながら心根が優しいこともあり)どんな人の要求をもどこまでも聞き入れてしまうような人間だったりします。

ですから、このように人をコントロールしたがる人間に人生を乱されたくないと思ったら、「私はいかなる依存や支配をも受け入れる気はない」という強い意志をもち、それに見合った波長身に着けていくことが必要なのです。

私たちは、自分の力で、自分の望む人生を作り出しているという実感を得ない限り、本当の意味でのパワフルさ幸せを感じることは出来ないのですね。

をコントロールするのではなく、自分(の心)コントロールすることで、人生を大きく飛躍させていきたいですね
(^_^)

クリスマス

左サイドMenu

プロフィール

りりあ

Author:りりあ
感情体に残る傷や不健全な思考・行動パターンを修復するメンタルセラピスト(カウンセラー)として、クライアントの方がポジティブなエネルギーを取り戻し、より自由で幸せな人生へと飛躍していくためのお手伝いをさせていただいております。
(特に、「毒親に関する問題」など、「人間関係における根深い依存」を解き、家族など身近な人間から受けた支配による精神的ダメージを修復しつつ、「自由」を手にしていくためのサポートを得意としております。これらはすべて、学業のみならず自身の経験に基づくものでもあります。)

経歴:
哲学士(Bachelor of philosophy)として上智大学にて形而上学を専攻。心理学、精神医学など含め、「目に見えない領域」について多く学ぶ。
卒業後、外資系金融機関に身を置く。
その後、ブログ執筆及びカウンセリングによるメンタルセラピストとしての活動を開始。
現在、高齢出産にて授かった息子の子育て中。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: